2021年04月02日

世界遺産『サン・ルイ島』(セネガル)

アフリカ本土からフェデルブ橋を渡った先にあるのは、セネガル川の中州『サン・ルイ島』。
その中心部の、長さ1300m、幅350mの区画が、2000年、ユネスコの世界遺産に登録されました。

サン・ルイ島は、1872年〜1957年の間、セネガルの首都で、西アフリカ全体の文化と経済の拠点となりました。
現在も、フェデブル広場を中心に独特の品格をもつ歴史的な建物が残っています。

セネガルで最も人口密度が高いと言われている漁師町には。ロティと呼ばれるカラフルな漁船が並んでいます。
Senegal_02_400.jpg

漁港には、漁を終えてくつろぐ男性たちの姿がありました。
みなさん、おしゃれですね。
Senegal_03_400.jpg


魚料理も豊富です。
Senegai_04_400.jpg
チェブジェン

サンルイ島の有名デザイナー、ラマ・ディアウさんも海辺を愛する一人。
Senegal_05_400.jpg

これは、海や漁にインスピレーションを与えられた作品の一つだそうです。
Senegal_06_400.jpg










posted by Backbone at 12:00| セネガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

1枚の写真:セネガル本土とサン・ルイ島を結ぶ橋

ユネスコの世界文化遺産に登録されているセネガルのサン・ルイは、不思議な地形をしています。
アフリカ大陸の本土とセネガル川の中州に浮かぶサン・ルイ島、隣国モーリタニアからつながっている細長い半島。
半島の大西洋側には長い長い砂地が続いています。
言葉で表現するのは難しいので、一度、サン・ルイの地図を眺めてみてください。

Saint-Louis-1885.jpg

本土とサン・ルイ島を結ぶのはフェデルブ橋です。
1897年7月14日にこの橋が開通するまでは。島へはボートでアクセスしていたんだとか。

この橋のを設計したのはギュスターヴ・エッフェル。パリのエッフェル塔を設計した人です。
長さは507.35m。幅10.5 m。8連の美しい橋となっています。

Saint-Louis_bb.jpg





posted by Backbone at 08:00| セネガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする