2019年06月06日

ラマダン明けのイードにドバイの皇太子たちの結婚披露レセプション

イスラーム圏は、現在、ラマダーン明けの祝祭、イード・ル=フィトルの最中です。
Eid Greeting_201906_400.jpg

「ラマダーン」とはイスラームの断食月。
最近は、日本のテレビでも時々取り上げられますので、ご存じの方も多いと思います。

2019年のラマダーンは、5月6日から始まり、6月3日(日本やエジプトは4日)に終了しました。
断食月が終わると、ラマダン明けのお祭りがやって来ます。
今が、まさにその時です。


ラマダーン明けの祝祭は毎年おめでたいのですが、今年のドバイはおめでたさ倍増です。

と言いますのも、ラマダーン明けの祝祭3日目の本日6日、ドバイ・ワールドトレードセンターで、ドバイ首長の息子さん3人の公式結婚披露レセプションが催されるんです。

結婚したのは、イケメン王皇太子として世界の注目を浴びたハムダーン皇太子、弟のマクトゥーム王子、そしてアフマド王子の3人。

先月15日、家族の間で、私的な結婚式と披露宴が執り行われました。

Dubai_M_03_t400.jpg
黄色いカンドウーラのムハンマド首長と白いカンドゥーラのハムダーン皇太子


そして、今日6月6日がいよいよ公式の結婚披露レセプションです。
午後4時からの公式レセプションには、何千人ものゲストが世界じゅうから参加予定だそうです。


ドバイ・ワールドトレードセンターは、エミレーツ・タワーなどのビルが林立するシェイク・ザイエド通りに面したところにあります。
Dubai_M_02_400.jpg


ワールドトレードセンターの前には、昨日も、レセプションの準備にやってきた政府関係者の車が何台も横付けされていました。
Dubai_M_04_400.jpg

国営放送もカメラやジブの設置で大忙しでした。
Dubai_M_05_400.jpg

正面玄関で待ち構えるカメラマンに話を聞いてみると、「世紀の結婚式のカメラマンとして仕事ができることを誇りに思っている」とのこと。
Dubai_M_07_400.jpg

ドバイ政府所有の中継用のアップリンク車も待機していました。
Dubai_M_08_400.jpg

今日は、ワールドセンター周辺のホテルからはアクセスできなくなりそうですね。
結婚式が始まる16時前にはこのバリケードが広げられ、封鎖されるはずです。
Dubai_M_09_400.jpg

大きなトラックで花が届きました。
Dubai_M_11_400.jpg

近づいてみるとクリーム色のバラ。
招待客のテーブルに飾られるのでしょうか。
Dubai_M_12_400.jpg


ハムダーン皇太子は、世界じゅうに八百万人強のインスタグラムのフォロワーをもつ超人気のリアル王子様です。現在36歳、お相手は、ドバイの王族のシェイファ妃(シェイファ・ビント・サイード・ビン・サーニ・アル=マクトゥーム)。
また、弟のマクトゥーム王子のお相手は、王族のマルヤム妃(マルヤム・ビント・ブッティ・アル=マクトゥーム)。
アフマド王子のお相手,は、族のミドゥヤ妃(ミドゥヤ・ビント・ダルモージ・アル=マクトゥーム)です。


皆さんの結婚生活に幸多からんことをお祈り申し上げます。



posted by Backbone at 19:46| UAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

明日2月1日、アジアカップ決勝戦は、午後10時半よりNHK-BS1で生中継!

UAEにおいて、サッカーのアジアカップが行われています。
日本代表は一つも負けることなく、明日の決勝まで勝ち進んできました。
グループリーグでも決勝トーナメントでも、しびれる試合がたくさんありましたね。

そして、残すところ、1試合。

明日、2月1日、現地時間午後6時(日本時間午後11時)が決勝のキックオフです。

会場は、アブダビのザイード・スポーツシティ・スタジアム。

対戦相手は、今大会いまだ無失点のカタール代表です。
国どうしの政治的関係により、カタール人はUAEに応援に来ることができません。
UAEとの準決勝も、大アウェイの中での闘いでした。
そんな中、強い気持ちでプレイしているカタール代表は、楽な相手ではないかもしれません。



決勝戦は、2月1日午後10時半より、NHK-BS1で生中継されます。

◇サッカー AFCアジアカップ2019 決勝「日本」対「カタール」
NHK-BS1 2月1日(金) 午後10:30〜



日本代表の勝利、そしてアジアカップタイトル奪還を願って、テレビの前で、たくさんの応援を送りましょう。


■NHK公式WEBサイトより
アジア王者奪還へ あと1勝!
4年に一度、サッカーのアジア王者を決めるアジアカップ。

世界ランキング50位の日本は28日、準決勝で、世界29位とアジアで最もランキングの高いイランと対戦しました。

日本は先発に復帰した大迫勇也選手などの活躍でイランに3対0で快勝し、優勝を果たした2011年以来2大会ぶりの決勝進出を果たしました。

決勝は2月1日に行われ、日本は、世界93位のカタールと対戦します。

NHKでは決勝を午後10:30からBS1で生中継します!







posted by Backbone at 13:49| UAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

UAEでサッカーのアジアカップ開催中

現在、UAEにおいて、サッカーのアジアカップが行われています。
どの国にとっても、4年に1度のこの大会にかける思いは強いものがありますね。

NHK−BS1で連日放送されておりますので、日本から是非是非熱い声援を送ってください!


昨日、UAE時間の午後3時(日本時間の午後8時)より、日本代表の初戦、トルクメニスタン戦が行われました。
結果はご存じのとおり。
日本は3対2で勝利しましたが、かなり苦しい試合で、何度もハラハラする場面がありましたね。

日本代表の次の試合は、13日のオマーン戦です。
試合会場は、アブダビの「ザーイド・スポーツシティ・スタジアム」。
先月22日、FIFAクラブワールドカップの決勝戦、レアル・マドリード対アル・アインの試合が行われた会場でもあります。
Zayed Sports City Stadium.jpg
FIFAクラブワールドカップの決勝戦

closing ceremony_ClubWorld Cup2018.jpg
FIFAクラブワールドカップの閉会式


今大会の決勝戦が行われるのもこの会場です。
2月1日の決勝戦で、日本代表がまたこの会場に戻って来ること、そして試合に勝ってアジアチャンピョンに返り咲くことを、願っています。


日本代表の第3戦の相手はウズベキスタン。
試合会場は、アブダビからアル・アインに移ります。

アル・アインと言えば、塩谷選手が所属するアル・アインFCのホームタウンです。
クラブワールドカップで準優勝したアル・アインFCのサッカーは感動でした。

Hazza bin Zaid Studiam_Al Ain.jpg
アル・アインFCの本拠地「ハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアム」

Khlifa Bin Zayed Stadium.jpg
アル・アインFCの練習場「ハリーファ・ビン・ザーイド・スタジアム」
ウズベキスタン戦が行われるのはこのスタジアムです。


グループリーグが終わると、1位抜けか2位抜けかによって、決勝トーナメントの相手国と会場が異なります。
もちろん、予選落ちなんてことはあり得ませんよね。


今大会の試合スケジュールは、公式サイトで見ることができます。

AFCAsiaCup2019MatchSchedule.PNG


大会はまだ始まったばかりです。
長丁場の大会。
サッカーの面白さとすばらしさをかみしめながら、弊社スタッフ全員、気合を入れて頑張っております。
日本代表へ最大のエールを送ります!




posted by Backbone at 18:54| UAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

アルアインの岩山「ジュベル・ハフィート」

Jebel Hafeet_03.jpg

FIFAワールドカップ、ロシア大会が盛り上がっています。
今日は、日本のグループリーグ第3戦、ポーランドとの試合が行われますね。
ベスト16に勝ち上がれることを信じて応援しましょう。

今日の会場は、3日前にエジプトとサウジアラビアが対戦したのをと同じスタジアム「ボルゴグラード・アレナ」です。
暑さに慣れているはずのエジプトとサウジアラビアの選手たちもかなりきつそうでした。

今回、エジプトは28年ぶりにワールドカップ本大会に出場することができました。
イギリスのプレミアリーグで今シーズン得点王に輝いたムハンマド・サラーの存在が大きいことは言うまでもありません。

また、今大会には、エジプト以外に、アラブ諸国から、チュニジア、モロッコ、サウジアラビアのチームが出場しています。
でも、グループリーグを突破するというのは決して簡単なことではないですね。

本大会からさかのぼること1年と3カ月、日本代表がワールドカップアジア最終予選でUAEと戦った時の会場は、UAEのアブダビ首長国、アルアインのスタジアムでした。
「アルアイン」とは、アラビア語で「泉」という意味です。
ドバイやアブダビのような海に面した大都市とは違って、内陸のオアシスにあり、どこかのどかで落ち着く町です。

ここからがやっと本題です。

アルアインの街中からさらに南に約35キロメートル行ったオマーン国境付近に、「ジュベル・ハフィート(ハフィート山)」という岩山があります。
ここでは、紀元前4000年頃の遺跡も見つかっています。
岩肌むきだしの樹木のない岩山なので、緑豊かな日本の山を見慣れている目には新鮮で、ドラマチックに感じます。
Jebel Hafeet_02.jpg

Jebel Hafeet_05.jpg

山頂まで整備された道路があり、車で安全に上れます。
Jebel Hafeet_01.jpg

途中何か所か駐車場が設けられています。
Jebel Hafeet_04.jpg

この道路は、自転車競技のプロロードレース「UCIワールドツアー2018 アブダビツアー」の最終第5ステージのコースにもなっており、ゴールはその山頂でした。
Jebel Hafeet_09.jpg

頂上には、広い駐車場と売店があります。
Jebel Hafeet_07.jpg

Jebel Hafeet_10.jpg

Jebel Hafeet_11.jpg

こんなところにまで猫がいました。
競争相手が少なくて、食事に困ることはなさそうでした。
Jebel Hafeet_06.jpg

また、頂上付近には、立地が魅力的すぎる(笑)ホテルもあります。
Jebel Hafeet_08.jpg


アルアインを訪れる機会があれば、是非「ジュベル・ハフィート」に足をのばしてみてくださいね。





posted by Backbone at 12:55| UAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする