2017年02月28日

スーダンはゴールドラッシュ!

スーダンでは現在も、金の採掘が盛んに行われています。

image034.jpg

一見、一面砂地のようですが、このような砂の塊が金を含んでいるんだそうです。

image036.jpg

水で濾して水銀に溶かし込み、銀色のアマルガムを作ります。

image038.jpg

image040.jpg

このアマルガムから水銀を取り除いて金を抽出します。


金鉱の採掘に中国企業が進出していますが、評判は芳しくないようです。

採掘現場では、日本からの投資を求める声を多数頂きました。

日本の投資家の皆様、いかがでしょうか?


posted by Backbone at 03:03 | TrackBack(0) | スーダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

スーダンの遺跡と鉄の文化

スーダンは、古代の遺跡に恵まれています。

image014.jpg

image016.jpg


ピラミッドや神殿など、エジプトの遺跡とよく似ていることに驚かされます。

それほどまでに、文化が共有されていたということです…。

image018.jpg

とある神殿では、ライオンの顔をした神が主神として祀られていました。

エジプトではあまり見かけませんので、こういうところに地方色が出ていますね。

image020.jpg



こちらは、スーダンを流れるナイル川です。

image022.jpg

image024.jpg

地元の方やロバと一緒にナイル川を渡ると、市場の一角に鍛冶屋さんがいました。

古代に栄えたメロエ王国時代以来の製鉄技術は、今もスーダンの地に息づいています。

image026.jpg


売られている品物にも、味がありますね。

image028.jpg

市場近くのモスク併設の塔も、カフェのテーブルも椅子も鉄製でした。

image030.jpg

image032.jpg


posted by Backbone at 05:55 | TrackBack(0) | スーダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

本日放送のTBS『世界遺産』はスーダンのメロエです!

posted by Backbone at 10:48 | TrackBack(0) | スーダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

スーダン短信(2)ハルツームで見つけたメイドインジャパン

スーダンの首都ハルツームで、意外なものを見かけました。

image010.jpg

image012.jpg

ZOOM(ズーム)社製の、H6というハンディレコーダーです。

職業柄、この手の商品は気になって各国の機材屋で確認するのですが、
音声系の日本発の商品としてはZOOM社製のハンディレコーダーをよく見かけるように思います。

中東のさまざまな国でも見かけた記憶はあるのですが、
中東に比べて決して物が豊富とは言えないスーダンでも流通していることを知ったときは、
意外さとともにに、ある種の嬉しさを感じました。

スーダンの国情を反映してか、中古品の下取り価格は物量豊富な日本よりも高いようです。

私は同社製のH4nを所有していました。
試しに査定してもらったところ、約1万2千円の値が付きました。
6年前に2万3千円位で買ったモデルですので、おそらく日本では付かないような高値でしょうね。

スーダン人の店員さんはロゴマークを見て、
「この『200M(にひゃくエム)』っていうのはどういう意味だ?」と私に聞いてきました、、、

なるほど、、、「ZOOM」が「200M」に見えるんですね。

ともあれ、スーダンでも日本発のZOOM社製品が頑張っています!

posted by Backbone at 07:18 | TrackBack(0) | スーダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

スーダン短信(1)道路渋滞の原因は?

スーダンの首都ハルツームは非常に暑かったものの、人々の活気に満ちていました。

sudan_image002.jpg


そんな中、反対車線がバスでものすごい渋滞。

sudan_image004.jpg

デモ行進も?

sudan_image006.jpg


…と思ったら、大統領派の政治集会とのこと。

渋滞を作っていた車列も、実は、政治集会に動員された人たちなのだそうです。

sudan_image008.jpg


ちなみに、スーダンの現大統領は、オマル・アル=バシールです。

1989年に軍事クーデターで政権を掌握して以来、25年以上大統領の地位に就いています。

現在72歳。

2009年、現職の国家元首として初めてオランダ・ハーグの国際刑事裁判所から国際指名手配されたことで有名です。

罪状は「5つの人道に対する罪、2つの戦争犯罪および3つのジェノサイド罪」。

とはいうものの、指名手配されてから現在まで逮捕されていませんし、逮捕の可能性は低いとも言われています。

2015年6月にバシール大統領が南アフリカを訪れた際、南アフリカの裁判所から逮捕命令が出た時にはすでに大統領は出国していたという報道もありました。

posted by Backbone at 09:14 | TrackBack(0) | スーダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする