2020年06月04日

明日のBS-TBS『世界の窓』はモンテネグロのプラヴの窓です!

BS-TBS『世界の窓』明日の放送は、先週に引き続き、弊社が撮影コーディネート及びリサーチを担当したモンテネグロの窓です。

◇2020年6月5日(金)よる10:54〜11:00 
BS-TBS 『世界の窓』
#675モンテネグロ/プラヴ「石造の塔」


Kula_01_400.jpg

ぜひご覧ください!

◇番組公式ホームページより
モンテネグロ北東部の街プラヴ。
町にはクラと呼ばれる石造の塔がいくつも建っている。
それらは町の見張り塔としての役割があった。
最も古いのは15世紀に建てられたと伝わる。
四角柱の4面のうち、3面に出窓がついている。
そのクラの一族は統治者でもあったので、窓辺の椅子に座り訪れる人々を見ていた。
さらには祈りの前のお清めのために作られた出窓もある。
代々守ってきたその一族の誇りとも言える石造の塔だ。



また、前回5月29日の放送は、モンテネグロの古都「コトル」の窓でした。
Museum_01_400.jpg

◇番組公式ホームページより
#674モンテネグロ/コトル「コトル湾の宮殿」
モンテネグロの港町コトル。
その中心にある広場に、18世紀初頭に完成した宮殿があった。
地元の伯爵が建てたその宮殿は、白い石壁に均等に配置された窓と緑の鎧戸が映える。
海風が強い季節に合わせ、ルーバー窓や突き出し窓など様々な開き方で調整できるようになっている。
そして窓枠は、近隣の島からその場で切り出し加工して持ってきたものだと言う。
それはまさに富の象徴だった。






posted by Backbone at 01:35| モンテネグロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする