2019年07月18日

BS-TBS『世界の窓』今週の放送予定はチュニジア、ジェルバ島のシナゴークの窓です!

BS-TBS『世界の窓』前回7月12日の放送は、弊社が撮影コーディネート及びリサーチを担当した『#628チュニジア/シディ・ブ・サイド 「シンメトリーの宮殿」』でした。

シディ・ブ・サイドは青い格子と白壁のコントラストが美しい街です。
Tunisia_Sidi_6791181.jpg

Tunisia_Sidi_6791178_400.jpg



そして、明日7月19日の放送でも、チュニジアの窓が登場します。


◇2019年7月19日(金)よる10:54〜11:00 
BS-TBS 『世界の窓』
#629チュニジア/ジェルバ島「シナゴーグの光」




ぜひご覧ください!


【公式WEBサイトより】
◇今週の放送予定
#629チュニジア/ジェルバ島「シナゴーグの光」
チュニジア、ジェルバ島にはたくさんのモスクがあります。そのほとんどは夏の日差しから守るため白く塗られています。その中にユダヤ人の礼拝堂、シナゴーグがありました。同じく白壁に青い窓が印象的。シナゴーグ伝統の高窓がその堂内を照らしていました。祭壇のある部屋の高窓の下には、旧約聖書のヤコブの12部族の名前を見ることができます。高窓からの光がその名を照らし、信仰に灯をともし続けてきたユダヤ人を見守ります。



◇先週の放送内容
#628チュニジア/シディ・ブ・サイド 「シンメトリーの宮殿」
チュニジアのシディ・ブ・サイドに並ぶ白壁と青い窓の家々は、人々の目を惹きつける。それは伝統の配色。中でも1912年に芸術家でもあった男爵が建てた宮殿は、特に人々を魅了。宮殿を正面から見ると窓がシンメトリーに並んでいるのがわかる。芸術家の男爵のこだわりだった。彼は白と青の配色が気に入り、街の家々はそれに統一するべきだと町に進言した。その伝統が今も守られている。





posted by Backbone at 08:00| チュニジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする