2018年11月22日

地球の内部が見れるオマーンのバティーナ山脈へ

オマーンの首都マスカットのマトラ地区沖に停泊しているのは、スルタン・カブース国王のクルーズ船です。
Oman_00.jpg

オマーンは16世紀の大航海時代のインド洋の水先案内で活躍しました。
今も昔も、オマーンと海は切っても切れない関係です。


マトラ地区から北東に向かいます。
Oman_02.jpg


マスカットからUAEのフジャイラ首長国方面に車を走らせること1時間半。
そこで、地質を調査している人達を訪ねました。
Oman_03.jpg


朝焼けに美しいオマーンのバティーナ山脈。
岩肌がむき出しです。
8000年前に地殻とマントルがそのまま乗り上げ、
地球の内部を見ることができる世界でも珍しい場所です。
Oman_04.jpg


近づいてみました。
湧いた地下水がワジを流れ、そのほとりにはナツメヤシの木が。
Oman_05.jpg


石油で豊かになったオマーンですが、山奥には、石を積み上げてモルタルで外塗りをした昔ながらの伝統家屋が残っています。
Oman_06.jpg


オマーン人の運転手たちです。
朝はかなり冷えますが、民族衣装だけで寒くないのでしょうか。
Oman_07.jpg


日が暮れて夕食の時間です。
Oman_08.jpg

Oman_09.jpg

炭火のお肉、体が温まるタジンも最高でした。





posted by Backbone at 13:04| オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする