2018年09月10日

ナイルデルタで川とともに暮らす人々(1)

ナイル川の分流の一つ、ロゼッタ支流。

それが地中海に流れ込む河口にある町がロゼッタです。

エジプトでは「ラシード」と呼ばれます。

「ロゼッタ」ときいて、聞き慣れたかんじがするのは、ここでかの有名な「ロゼッタ・ストーン」が発見されたからです。


ロゼッタ付近には、一族単位で生け簀を所有し、魚の養殖を営んでいる漁師さんたちがいます。
rosetta_005.jpg

rosetta_003.jpg

rosetta_001.jpg


とても人懐っこい漁師さんたちで、生け簀のひとつに手漕ぎボートで案内してくれました。

稚魚を追い込みで捕まえて、生け簀で育てているんだそうです。
rosetta_011.jpg

rosetta_017.jpg

魚のえさはパン。
小舟の上に乗せた白い袋に、餌となるパンが入っています。
rosetta_009.jpg


生け簀の上には小屋も建てられており、成長したボラが盗まれないよう、夜間も必ず誰かが泊まり込んで番をしているんだそうです。

番犬として犬を飼っている人もいました。
rosetta_007.jpg

rosetta_013.jpg



ロゼッタから1時間ほど川をさかのぼったところでは、漁船を作る家族に出会いました。

水辺に漁船の工房があり、そのすぐ後ろが煉瓦造りの自宅になっていました。
Nile_ship_029.jpg

Nile_ship_031.jpg


船1艘を1カ月かけて完成させるんだそうです。
Nile_ship_033.jpg

Nile_ship_037.jpg


「船の材料の木材の価格も高くなっている今日、生活は決して楽ではないんだ」

「でも、祖父も、父も、自分と同じ仕事をしてきた。おそらく、息子たちもここで暮らし、漁船を造り続けるだろう」

そう言った男性の笑顔は、とても明るくて、とても素敵でした。

Nile_ship_035.jpg


カイロの都市部とは全く異なる暮らしですが、

「エジプトはナイルの賜物」の言葉どおり、

ナイルの恩恵を受けながら、ナイルと寄り添って暮らすエジプト人の姿には、ちょっと感動でした。









posted by Backbone at 19:16| エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする