2018年05月28日

アゼルバイジャン ラヒジ村の銅細工職人(2)

前回の続きです。

アゼルバイジャン ラヒジ村の銅細工職人のナザルさん。

ナザルさんのご自宅は、前回ご紹介した工房から徒歩2分のところにがありました。

奥さんと息子さんご夫婦、お孫さん2人の計6人で一緒に暮らしています。

ナザルさんが育ったもともとの家のほうには、お母さんと兄弟の家族が住んでおり、ナザルさんたち6人は増築部分に住んでいまるんだそうです。


家の中では、奥さんが絨毯を織っていました。

Lahic_N_08.jpg

床には昔お母さんや叔母さんが織った絨毯が敷き詰められており、とても暖かい雰囲気です。

Lahic_N_07.jpg


家の正面側には、ベランダを改装して作られたアイナバンドがあり、光がたくさん入る大きな窓が見えます。

Lahic_N_10.jpg

一方、裏には古くて小さな窓。

Lahic_N_03.jpg


お母さんの寝室の窓も同じく、小さな窓です。

Lahic_N_05.jpg

Lahic_N_06.jpg


2階は特に気持ちのいい空間で、夏は特に2階で過ごすことが多いそうです。

Lahic_N_02.jpg

Lahic_N_09.jpg


この本棚もとても素敵でした。

亡くなられたお父さんの写真が飾ってありました。

Lahic_N_01.jpg






posted by Backbone at 00:53| アゼルバイジャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする