2017年08月31日

ドバイ・ヘルスケア・シティ

近年、アラブ諸国では、人々の肥満や生活習慣病が切実な問題となっています。

世界の肥満の多い国ランキングの上位にはアラブ諸国の名前が並びます。

体重500キロのエジプト人女性が、治療のためにインドへ向かったことは、日本のニュースやテレビ番組でも紹介されました。


ドバイもその例にもれません。

そのため、ドバイ政府は、「ドバイ健康戦略2016−2021」を策定し、現在、様々な施策に取り組んでいます。



その中心となる場所が「ドバイ・ヘルスケア・シティー」です。
DHC_01.jpg

ドバイ・ヘルスケア・シティ(DHCC)は、健康とウェルネスを目的として2002年に設立された医療フリーゾーンです。

現在、130を超える外来クリニックがあり、全体で5500人を超える資格を持った専門家がいます。
その他、健康関連の会社や店舗、教育施設などもあります。


今日は、その「ドバイ・ヘルスケア・シティー」の写真を少しご紹介します。


ドバイにもダイエットが浸透して来ています。
健康食品やダイエット食品を取り扱う店が増えており、品揃えも豊富です。
DHC_02.jpg


カロリーが半分のクッキーです。
DHC_03.jpg


オーガニック喫茶もありました。
DHC_04.jpg


ここは、オーガニックスーパーです。
DHC_05.jpg


肉類、野菜のみならず、豆類、麺類、ドリンク類、ソース類、スキンケア製品に至るまで、品質の徹底調査がされた後にはじめて棚に並ぶんだそうです。
DHC_06.png



もともと砂漠の民は、厳しい環境に対応すべく、少量の食べ物でも生きていけるような身体になっています。
DHC_07.jpg

それが、ここ数十年、石油のおかげで国が豊かになり、食べ物があふれるようになりました。
そう考えると、肥満になるのは当然と言えば当然なのかもしれませんね。

アラブ料理にはかなりのオイルが使われていること、運動の習慣がなかったことなど、他にもいくつか要因がありそうです。


日本から空輸されるケーキ類です。
DHC_08.jpg

美味しそうなお菓子にはやっぱり興味をそそられます。
「今日だけは食べちゃおう。ダイエットはまた明日から」
ついついそんな気持ちになります。


ダイエット診断&相談を終えて出てくる女性達です。
DHC_09.jpg


この後、彼女たちの向かう先はやっぱりケーキ屋さん?

人々の意思を弱くする誘惑がドバイにはあふれています。

ドバイの女性も日本の女性も、なんだか同じ悩みを抱えているようです。



posted by Backbone at 23:29| UAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする