2017年05月18日

テヘラン短信(3)イランの街角から

今回は、イランの街角で見かけたものを少しご紹介します。

日本でもよく見かけますが、イランにも、路上で演奏しているミュージシャンがいました。

日も暮れる頃、帰宅途中の人たちが、男女問わず、足を止めて聴きいっています。

music_01.png


お次は、路上で売られている古い雑誌や新聞です。

magazine_01.jpg

この光景はエジプトでもよく見かけます。

内容を見てみると、エリザベステーラー?
いつの時代のものでしょうか。


こちらも、路上に店開き。

男性用の帽子です。

Tehran_m14.jpg

Tehran_m06.jpg



日用品のお店の品物も路上にまではみ出してきています。

Tehran_m15.jpg



こんなものも見かけました。

庶民の足はバイク。

そのために、バイクドッグが整備されているのには驚きました。

Tehran_m09.jpg



通りのATMです。

イランでは外国人がクレジットカードを使えなくて不便なのですが、ATMはたくさんあります。

ATM_01.jpg



どこの街へ行っても、やはり気になるのは食べ物ですよね。

これは「ファルーデ」というイランの伝統的かき氷です。

紀元前5世紀からあり、現在まで伝統的な製法と人気が受け継がれています。

Tehran_m10.jpg

一見春雨風なのですが、甘いんです。

コチコチに冷やしてある「ファルーデ」は、口に入れると、体温で溶けてしまいます。

味付けは、アーモンドシロップ、桑の実のシロップ、薔薇の花から抽出したエキスなど。

コンビネーションが最高で、おいしいんですよ。

写真のような冷凍庫で冷やされていて、注文すると、かき混ぜ始めます。

Tehran_m13.jpg



イランでは冷たいスイーツが大人気です。

女性たちが食べようとしているのはソフトクリームですね。

Tehran_m12.jpg


アーモンドもよく見かけます。

almond_01.jpg

若いアーモンドの実は、生で食べると最高です。

almond_02.jpg



100%のフレッシュジュース屋さんもあちこちにあります。

Tehran_m01.jpg

オレンジジュースのお値段は7000トマン。

でも、「トマン」って何?

イランの通貨は「リアル」では?

とお思いの方もいるかもしれません。

実は、イラン国内では、まだ旧通貨の「トマン」が多く使われています。

レストランなどの料金表もトマンがほとんどなので、外国人は混乱してしまいます。


1トマンは10リアル。

ですので、7000トマンは70000リヤル。

現在のレートで計算すると、約240円になりますね。



最後は、イランのフライドチキンのお店「テヘランフライドチキン」です。

TFC_01.jpg

KFCならぬTFC。

イランには反米のイメージがありますが、庶民の心はまた別のところにあるのかもしれません。




posted by Backbone at 10:50 | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック