2016年07月29日

ノウルーズの時期に訪れたイラン

「ノールーズ」とは、イラン暦の元日にあたります。
ペルシャ語で「新しい日」という意味。

昼と夜の長さがちょうど同じになる「春分の日」がまさにその日で、
古代から農事上重要な日であり、
イランを中心とする広い地域で祝われます。

イラン最大の祝祭「ノウルーズ」が近づくと、
街は、新年の準備で買い出しをする人、人、人であふれます。

Nowruz01.jpg

そして、ノウルーズ当日は、親族、隣人、友人たちが、互いの家を訪問しあい、ご馳走を一緒に食べます。
日本のお正月と同じように、さまざまな伝統行事や決まり事があります。


たとえば、この時期、街のいたるところで売られているのは……、

goldfish01.jpg

goldfish02.jpg


そう、金魚です。

新年にふさわしい縁起物、幸運を呼び込むラッキーアイテムとして、金魚も供え物になるんです。


しかし、その一方で、最近は、生き物愛護の観点から、金魚の不買を訴える人もいるんだとか。



ついでに、少し市場をのぞいてみましょう。

世界遺産でもあるタブリーズのバザールです。

Tabriz01.jpg

Tabriz02.jpg


パンはいかがですか?


Iran_bread.jpg
生地にぽんぽんと指を押し付け、前の窯でパンを焼き上げますI。


bread02.jpg
焼きたての美味しそうなパンがどんどん売れていきます。


お次は、こんなものはいかがでしょうか?

tea01.jpg


紅茶セットです。

下の丸い部分にはお湯がはいっており、そのお湯で、ポットの中の濃い紅茶を、自分好みの濃さに調整することができます。

それから、スティック状の砂糖で好みの甘さになるまでかき混ぜます。

甘い紅茶が疲れた身体にしみます。
とってもおいしいんですよ。

posted by Backbone at 23:33 | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック