2016年06月16日

イランのアブヤーネ村

先週、BS-TBSの番組 「世界の窓」で、イランのアブヤーネが取り上げられました。
撮影は4月でした。

イランには長く豊かな歴史があり、日本の約4.4倍の広さをもつ国土には魅力的な町や村がたくさんあります。

アブヤーネもそのひとつです。

アブヤーネは、エスファハーン州にある人口250人ほどの小さな村。
標高は2500メートル。
イランの最も古い村のひとつで、言語や伝統的な民族衣装など独自の風俗・習慣が現在に至るまで保持されていることで、注目を集めています。
そのため、観光客も国内外からたくさん訪れます。

建築的には、赤茶色の外壁を持つ住居群が斜面に階段状に積み重なっており、美しい格子窓と木製扉がそれにアクセントをつけています。

Abyaneh02.jpg

Abyaneh01.jpg

Abyaneh04.jpg

Abyaneh08.jpg

Abyaneh09.jpg


また、アブヤーネといえば、白地に花柄の女性の衣装が特徴的です。

Abyaneh10.jpg

Abyaneh06.jpg


アブヤーネの村には山からの水が村じゅうに流れるよう、水路がひかれています。

Abyaneh07.jpg


村の日常の風景です↓。

Abyaneh11.jpg

Abyaneh03.jpg


では、これは何でしょう?

Abyaneh05.jpg

見たことあると思ったら、日本の炬燵と同じですね。
中は電気式ではなく、炭が置かれています。
これも、一昔前の日本と同じです。


◇BS-TBS「世界の窓」公式WEBサイトより
#474イラン アブヤーネ 「赤土の村」


イランの小さな村アブヤーネ。周辺の赤土で造られた家々は赤く、村も赤く染まっているかのよう。村の女性たちがまとうスカーフは、白地に花柄模様。イランでもこの村だけの伝統となっている。450年前に建てられたという村の一軒を訪ねた。夏の部屋として増築された二階の窓は、床まである大きな窓。開け放つと風が通り、まるで外にいるかのように感じ、涼しく過ごすことができるのだ。



posted by Backbone at 11:05 | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック