2015年12月27日

ツタンカーメンの「黄金のマスク」修復完了

ツタンカーメン王の「黄金のマスク」が、
あごひげの修復を終えて、
カイロのエジプト考古学博物館戻ってきました。

今月17日から再び一般公開されています。

昨年8月に外れたあごひげは接着剤で応急処置されていたのですが、
今年の10月からドイツとエジプトの合同チームによって本格的な修復が行われました。

先日、早速エジプト考古学博物館に行ってきましたので、ご紹介しますね。

Tutankhamun_01.jpg
戻ってきた黄金のマスク

Tutankhamun_04.jpg
あごひげのアップです↑

Tutankhamun_02.jpg
後ろ姿はこうです↑

Tutankhamun_05.jpg
マスク修復中は3Dスキャンで作られた模型で埋め合わせされていました。

ツタンカーメンの王墓からは、黄金のマスクの他、2000点以上が発見されました。

例えば、少年王らしいこんなものも……。

これは「チェス」です↓
Tutankhamun_08.jpg

これは「小鳥のおもちゃ」↓
Tutankhamun_07.jpg

これは「象牙製の猿のおもちゃ」です↓。
Tutankhamun_06.jpg


日本では、今、古代エジプト関係の展覧会がふたつ開かれていますね。

「クレオパトラとエジプトの王妃展」は、
東京に引き続き、現在、大阪の国立国際美術館で開催されています。
今日27日が最終日です。

もうひとつ、
「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展(TBSテレビ60周年特別企画)」は、
来年1月3日まで東京の森アーツセンターギャラリーで開催されています。

その後、愛媛県美術館、仙台市博物館他、全国巡回予定のようですね。

お近くで開かれる際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。
 
posted by Backbone at 11:50 | TrackBack(0) | エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック