2015年07月31日

スーダンという国とレスリング

エジプトの南に位置する国はどこでしょう?
そう、スーダンです。

と言っても、日本人にはどちらかというと、なじみの薄い国かもしれません。

ピラミッドと言えば、エジプトを思い浮かべる人が多いと思います。
ですが、スーダンでは、エジプトのギサ三大ピラミッドのような規模の大きなものはないものの、エジプトをはるかにしのぐ数のプラミッドが確認されています。

上エジプトとスーダン北部に位置するヌビアは、独自の文化をもち、未だ解明されていない歴史的謎にあふれた魅力的なところです。

エジプトと言えばナイル川ですが、そのナイルは、スーダンを経由してエジプトへ、そして地中海へと流れ込みます。

ナイル川の源流は、ウガンダから流れる白ナイルと、エチオピアから流れる青ナイルのふたつ。
その白ナイルと青ナイルが合流するのが、スーダンの首都ハルツームの近くなんです。

sudan5_16.jpg
ハルツームの夜明け

sudan5_17.jpg
ハルツームを流れる白ナイル

ハルツームは、近隣の北ハルツームとオムドゥルマンを合わせた都市圏でいうと、人口400万人を超える大都市です。
現在、経済の中心地として急速な発展を遂げている最中ですが、人々はまだまだゆったりとしたペースで生活しています。
金曜の合同礼拝の後には、家族や一族が集まって昼食を取ったり、男性の娯楽の一つヌバ・レスリングを観戦して過ごしたりします。

sudan5_13.jpg
スーダン一の人口密集地区オンドルマンの市場

sudan5_21.jpg
金曜の合同礼拝を終えて家路につく男衆

sudan5_12.jpg
スーダンレスリングは大人気(ハッジユースフ地区) 

sudan5_20.jpg
レスリングに熱狂する男性たち

ヌバ・レスリングとは、スーダン南部に広く住むヌバ族の伝統文化の一つで、「世界最古の格闘技」あるいは「世界最古のスポーツ」とも言われているものです。

スーダンのレスリングと日本は、このところかかわりが深くなっています。
外国人として初めて「ヌバ・レスリング」への参戦を果たしたのは日本の大使館員の室達康宏でした。また、ヌバ・レスリングのレスラーをオリンピックのレスリングで活躍させるという国家プロジェクトのお手伝いをしているのは、日本人コーチの砂川航祐さんです。

スーダンの魅力をもっともっと日本の皆さんにお伝えしていきたいですね。

posted by Backbone at 15:40 | TrackBack(0) | スーダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック