2015年07月20日

ドバイで見つけた日本の食材

ユネスコの無形文化遺産に登録された「和食」への関心が、世界的にもが高まっています。

海外で暮らす日本人にとっては、料亭で出すような立派な料理ではなくても、白いご飯とお味噌汁があるだけでホッとします。

しかしながら、海外で日本の食材をいかに手に入れるかは、大きな問題です。

たとえば、エジプトは、ナイルのおかげで、野菜が豊富なので、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、キュウリ、ピーマン、インゲン、キャベツ、グリンピース、カリフラワーなど、一般的な野菜であれば、新鮮なものが安価で手に入ります。
また、モロヘイヤをはじめとして、ルッコラやミント、コリアンダーなど、緑の葉物野菜も種類が豊富です。

一方、和食によく使われる大根、白菜、ゴボウ、サトイモ、タケノコなどはそうはいきません。
売られている店も限られており、運よく見つかったとしても他の野菜に比べてお値段が高めです。

先日、ドバイのスーパーで、こんな大根にお目にかかりました。

dubai0852_400.jpg

日本ではお店に並ばないくらい曲がっているものもありますが、大根は大根、やはりうれしいですね。

タケノコもありました。

dubai0851_400.jpg

それから、モヤシ。

dubai0850_400.jpg

3ディルハムってことは、この量で約100円ですね。

シイタケとエノキダケもありました。

dubai0848_400.jpg

dubai0849_400.jpg

以前に比べると、中東でも、こうした野菜が手に入りやすくなったほうだと思います。


また、和食の知名度もあがっており、お寿司屋さんもたくさんできています。

ドバイのあるお寿司屋さんには、こんなメニュがあります。

dubai0839_400.jpg

dubai0841_400.jpg

フォアグラとウナギの巻きずしです。

それぞれの国で、お寿司は進化し続けているようです。

最後に、お寿司ではありませんが、こんなオシャレなエビをおひとついかがでしょうか。

dubai0826_400.jpg


posted by Backbone at 23:54 | TrackBack(0) | UAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック