2014年04月03日

エチオピアのダナキル砂漠に暮らすアファール人と塩の採掘

エチオピアのダナキル砂漠には、アファール族が暮らしています。

典型的なアファール族の住居は『アリ』と呼ばれる円形のものですが、一見して住居だとは気付かない原始的な住まいに暮らす人々もいます。

ヤシの木で作られた住居は、寝室、キッチン、リビングと、用途別に独立しており、ヤシの木の家の前には井戸があります。

彼らは、トウモロコシを育てたり、周りに生えている木の実などをとって、自給自足の生活をしています。

ed25_400.jpg

ed30_500.jpg

ヤシの木からはアルコール分を含んだ水が取れるため、その仕掛けを作成します。

ed31a_400.jpg


ダナキル一帯からは塩が採掘されます。

ed68_400.jpg

塩の塊を掘り起こす人たち。

ed63a_400.jpg

ed65_400.jpg

掘り起こされた塩の塊を四角く削っていきます。

ed67_400.jpg


採掘した塩は、ラクダのキャラバンで、メケレへと運ばれます。

ed69_400.jpg

ed70_400.jpg

そして、やはり、ここにも美しい夕陽が……。

ed43a_400.jpg



posted by Backbone at 21:04 | TrackBack(0) | エチオピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック