2014年01月09日

エチオピアのコーヒーセレモニー

世界じゅうで愛飲されているコーヒーですが、その発祥の地はエチオピアです。

アビシニア高原の緑地に自生していた野生の赤いコーヒー豆を食べたのが始まりだとされています。


エチオピアは今でも上質のコーヒーの原産地として知られており、コーヒーの輸出は、エチオピア経済の大きな柱となっています。

その一方で、生産されるコーヒーの半分は国内に残ります。


エチオピアの重要な文化のひとつに、客をもてなす際の習慣である「コーヒーセレモニー」というものがあります。

日本の「茶道」のごとく、あるいはそれ以上に、エチオピアの「コーヒーセレモニー」は、人々の生活に深く根づいています。

ethiopia_coffee_1.jpg


エチオピア北部の町バハルダールの近郊で、ある家族を訪ねてみると、その「コーヒーセレモニー」が始まっていました。

まだ朝だというのに、今日はすでに3度目だとか。

庭ではさまざまな植物や果物、コーヒーセレモニーで使う木の葉などを育てられていました。

今は切ってしまったけれど、昔はコーヒーの木もあったそうです。


エチオピアではお客さんが来ると必ず「コーヒーセレモニー」が行われます。

と言っても、特別な行事という感じではありません。

ご近所さんが顔を出しただけでも、別居している家族の一人が来ただけでも、そのたびにセレモニーが始まるようです。


セレモニーでコーヒーを入れるのは女性の役目。

このおうちでは娘さんがいれてくれました。

ethiopia_coffee_2.jpg

ethiopia_coffee_7.jpg

ethiopia_coffee_3.jpg

ethiopia_coffee_5.jpg

ethiopia_coffee_4.jpg

ethiopia_coffee_6.jpg

1回のセレモニーで3杯あるいは5杯のコーヒーを飲みます。

葉っぱを敷き詰めて、お香を焚き、ポットに水を入れ……から始まり、

最初のコーヒーが出てくるまでの時間は30分〜40分。

コーヒーを飲むだけではなく、家族や客人との会話や、焙煎し始めた時に漂ってくる香ばしいコーヒーの香り、お香など、周りの雰囲気全てを楽しむのが「コーヒーセレモニー」なのです。


この家のご主人は、「こうした時間があってこその美味しいコーヒーだよ」と語ってくれました。

posted by Backbone at 16:36 | TrackBack(0) | エチオピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック