2020年06月23日

エジプトの再開と咲く花々

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために今年3月に閉鎖されたエジプトの遺跡や博物館。
それらを徐々に再開していくことが発表されました。
原則停止していた国際線も7月1日から段階的に再開されるそうです。
また、夜間外出禁止も少しづつ緩和されてきています。

エジプトも決して楽観視できる状況ではないのですが、他の国同様、難しい選択を迫られています。


新型コロナウイルスによって人間の暮らしや意識は大きく変わりました。
でも、そんな中でも、昨年と同じように花を咲かせる植物。
花は偉大ですね。
花を見ていると、気持ちがほこっとして、ついついコロナのことを忘れそうになります。

エジプトと言えば、ピラミッドと砂漠。
色のない茶色だけの世界を思い起こす方が多いのではないでしょうか? 

でも、エジプトは実は大農業国なんです。
空から見ると、ナイル川沿いには途切れなく緑が続いています。

気温と日照に恵まれて、街中や庭先の樹々や植物は、色鮮やかな花を咲かせます。
Egypt_flower_10.jpg

「今年の火炎樹は狂ったように咲いている」という声もよく聞きます。
Egypt_frametree_18.jpg

「花の中に花つける現象」がいくつもの花に見られます。
Egypt_flowerinflower_19.jpg

新型コロナウイルスとは関係はないのでしょうが、何とも不思議で、そして、少し怖いような。

そういや、今年は、アフリカ、中東、さらには西南アジアで、サバクトビバッタが大量発生していますね。
コロナとは関係なく、一昨年砂漠に降った大雨が原因らしいのですが、それでも、なんとなくコロナと結び付けて考えてしまいます。


もう少し花の写真を紹介しますね。

定番のブーゲンビリア↓
エジプトでは、いたるところで鈴なりに咲いています。
Egypt_flower_11.jpg

こちらは、品種改良された新種のブーゲンビリア。
Egypt_flower_20.jpg

ゴールデンシャワーツリーです↓
Egypt_flower_12.jpg


おっ、花の周りには猫ちゃんたちも集まってきます。
Egypt_flower_16.jpg

今年の春も、勝手に住み着いた猫が赤ちゃんを産みました。
Egypt_cats_08.jpg


彼らの成長を眺めながら、猫に相手をしてもらうのが、ステイホームの楽しみになっています。
Egypt_cats_09.jpg


猫の話を始めると、止まらなくなってしまいそうですので、今日は、ここまでにしますね。


エジプトに、そして世界に、平和な日常が戻ってきますように!



posted by Backbone at 00:23| エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

明日のBS-TBS『世界の窓』はモンテネグロのプラヴの窓です!

BS-TBS『世界の窓』明日の放送は、先週に引き続き、弊社が撮影コーディネート及びリサーチを担当したモンテネグロの窓です。

◇2020年6月5日(金)よる10:54〜11:00 
BS-TBS 『世界の窓』
#675モンテネグロ/プラヴ「石造の塔」


Kula_01_400.jpg

ぜひご覧ください!

◇番組公式ホームページより
モンテネグロ北東部の街プラヴ。
町にはクラと呼ばれる石造の塔がいくつも建っている。
それらは町の見張り塔としての役割があった。
最も古いのは15世紀に建てられたと伝わる。
四角柱の4面のうち、3面に出窓がついている。
そのクラの一族は統治者でもあったので、窓辺の椅子に座り訪れる人々を見ていた。
さらには祈りの前のお清めのために作られた出窓もある。
代々守ってきたその一族の誇りとも言える石造の塔だ。



また、前回5月29日の放送は、モンテネグロの古都「コトル」の窓でした。
Museum_01_400.jpg

◇番組公式ホームページより
#674モンテネグロ/コトル「コトル湾の宮殿」
モンテネグロの港町コトル。
その中心にある広場に、18世紀初頭に完成した宮殿があった。
地元の伯爵が建てたその宮殿は、白い石壁に均等に配置された窓と緑の鎧戸が映える。
海風が強い季節に合わせ、ルーバー窓や突き出し窓など様々な開き方で調整できるようになっている。
そして窓枠は、近隣の島からその場で切り出し加工して持ってきたものだと言う。
それはまさに富の象徴だった。






posted by Backbone at 01:35| モンテネグロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする