2019年12月11日

本日、FIFAクラブワールドカップカタール2019が始まります

FIFAクラブワールドカップは、クラブチームの世界一を決める大会です。

昨年の大会はアラブ首長国連邦で開かれ、ヨーロッパ代表のレアル・マドリードが優勝しました。
アジア代表の鹿島アントラーズも頑張りましたが、開催国枠で出場し決勝戦まで勝ち進んだアルアインFCと塩谷選手の活躍には心底感動しました。

今年と来年は、UAEのお隣のカタールで開催されます。

放送は、もちろん、日本テレビ系列。

開幕戦は日本時間の本日12月11日深夜2時半、開催国王者のアルサッドとオセアニア王者のヤンゲンという組み合わせです。
BS日テレで深夜2時(26時)より放送されますので、起きていられる方は、ぜひご覧ください。


12月14日(土)以降は、地上波の放送もあります。
放送スケジュールはこちら→

また、「FIFAクラブワールドカップ カタール2019」全試合は、Huluでもご覧いただけます。



今年の大会には、アラブのチームが3つ出場します。
開催国枠のカタールのアルサッドの他に、
アジア代表がサウジアラビアのアルヒラル、
アフリカ代表がチュニジアのエスペランスです。

アルヒラルにもエスペランスにも取材でお世話になりましたので、応援せずにはいられませんが、
今大会には、もう一人、忘れてはならない人が出場します。

エジプトのヒーロー中のヒーロー。

そう、ヨーロッパ代表、リバプールのモハメド・サラー選手です。
サラー選手は、エジプト人にとって特別な存在。
「尊敬する人がは誰?」と聞かれて、「サラー」と答える人のなんと多いことでしょう。

アラブ人はサッカーが大好きです。
今大会は、応援するチームが多すぎて困ってしまいますが、素晴らしい試合が見られることを楽しみにしています。

そして、カタール入りしているスタッフにもエールを送ります。

posted by Backbone at 20:18| カタール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする