2019年11月25日

明日のBSプレミアム『アナザーストーリーズ運命の分岐点』はアブ・シンベル神殿です。

弊社が撮影コーディネートを担当した下記の番組が、明日夜9時から放送予定です。

◇BSプレミアム『アナザーストーリーズ運命の分岐点』
巨大遺跡“引越し”大作戦〜エジプト アブ・シンベル神殿
11月26日(火) 午後9時00分より


※再放送予定:12月2日(月) 午後11時45分


1952年のナーセルのエジプト革命後初代の文化大臣となったサルワト・オカーシャや、アスワンハイダムの建設にまつわる話も注目です。

世界遺産のことを知りたい方、エジプト古代文明の好きな方、遺跡の保存技術に興味のある方、エジプトに行ってみたいと思っている方、国際協力に関心の高い方、そして、この番組の好きな方、ぜひご覧ください。


◇公式サイトより

このままでは、神殿が沈んでしまう!1960年代、エジプトの巨大ダム建設で水没の危機に直面したアブ・シンベル神殿。その救出に、立ち上がった熱い男たちがいた!一枚岩に彫られた世界最大級の神殿をどう移動させるか?さらに、古代エジプト人がしかけた“奇跡”の再現はいかに?!冷戦のさなか、資金集めに奔走した男も。そして、門外不出のツタンカーメンの黄金のマスクが日本に来る!世界遺産誕生に繋がった奇跡の救出劇!

posted by Backbone at 11:11| エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

モンテネグロのオストログ修道院


首都ポドゴリツァから北西に向かう国道M18号線を車で走りました。
まぶしいほどの青空の下、周囲にはブドウ畑や小麦畑が広がります。
Ostrog_01.jpg


岩肌をくりぬいて作られたトンネルを超え、風の心地よさから徐々に高度が上がっていくのが感じられます。
Ostrog_02.jpg

途中、裸足で坂道を上っていく人たちをたくさん見かけました。
Ostrog_03.jpg

坂を上っていく人たちが目指していたのは、そう、ここ、オストログ修道院です。
Ostrog_04.jpg
標高800メートル、九十九折の坂道を延々と上った先の長い階段の末に、この修道院はあります。

修道院の入口付近では、たくさんの人が毛布を敷いて休んでいました。
モンテネグロの近隣諸国から巡礼に来た人達はこの場所で祈り、修道院の傍で2日間を過ごした後にそれぞれ帰途につくんだそうです。
Ostrog_09.jpg


断崖絶壁に埋め込まれたように建つ白亜のオストログ修道院は、ダニロヴグラード自治体内に位置し、聖母被昇天教会と聖十字架教会という二つの教会で構成されています。モンテネグロ最大のキリスト教の聖地であり、世界中から毎年10万とも100万ともいわれる人々が巡礼に訪れます。
Ostrog_08.jpg
修道院は17世紀に聖ヴァシリエというひとりの修道士によって築かれました。それ以降、俗世と切り離されたこの土地で、多くの修道士が祈りを捧げてきました。

岩間から湧き出る聖なる水。この水を飲むだけで、身も心も洗われ、それまでその人の起こった忌わしい出来事をすべて洗い流してくれるんだそうです。
裸足でここまで上ってきた人たちは、新しい人生を切り開く願掛けをしているのです。
Ostrog_05.jpg

こんな小さな巡礼者が昼寝から目覚めました。
Ostrog_06.jpg

セルビアからやってきた家族です。数年前から今回の巡礼を計画していて、やっと実現したんだそうです。
「ここで、マケドニアから来た巡礼者と知り合うことができたんだ。ここは『世界の窓』のような場所だよ」
長男がそう語ってくれました。
Ostrog_07.jpg

教会から山の下を見下ろした風景です。
Ostrog_10.jpg

「オスマントルコ時代、セルビア正教徒は、山の上のより高い所へ隠れるようにストーンハウスを築き、周囲の山を工夫して開墾して、自分たちの命と生活、信仰を数世紀の間守って来たんですよ」
そう話してくださったのはポドゴリツァからやって来た日帰りの巡礼者です。
Ostrog_11.jpg
山の下からは上にある修道院も民家も畑も見えず、木々が隠れ蓑の役目を果たしてくれたそうです。

posted by Backbone at 00:05| モンテネグロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする