2019年05月06日

破壊された世界遺産「パルミラ遺跡」その3

ベル神殿に向かいました。

神殿は、入り口となる門以外、跡形もありませんでした。
目を疑うような光景です。
破片となった柱廊や梁が破片が門の周りに散乱し、瓦礫の山を作っていました。
bb400_palmyra.jpg

bb400_palmyra1.jpg


神殿の周辺を警備している政府軍の兵士によると、「この一帯にはISが多数の地雷が敷設していたが、全て撤去した」とのこと。
地雷はないという言葉に勇気を得て、神殿に近づいてみました。
bb400_palmyra2.jpg


数トンもある柱や梁が砕け散っています。
bb400_palmyra4.jpg

bb400_palmyra3.jpg


周辺の列柱の一部には破壊されずに残っているものもありました。
bb400_palmyra5.jpg

bb400_palmyra6.jpg

bb400_palmyra7.jpg


神殿から数十メートル離れた場所にあった小石です。
bb400_palmyra8.jpg
案内のマフムード氏はによると、「色から推測して、ベル神殿の柱の小さな破片だろう」とのこと。
「破壊は一瞬だ。何もかもが、粉々になってしまった・・」


列柱道路の入口にあった凱旋門のアーチも破壊されていました。
bb400_palmyra9.jpg

bb400_palmyra10.jpg


一部が破壊されたローマ劇場です。
bb400_palmyra11.jpg

bb400_palmyra12.jpg


警護のために同行してくれた4人の兵士は、皆リラックスした様子で、「日本人が来るとは珍しい」と記念撮影を求めてきました。
遺跡を回っている間、マフムード氏が、兵士たちに対して、パルミラの歴史のことを熱心に説明していました。
「ここに1年駐留しているが、詳しいことは知らなかった」と感心する兵士たち。
私の方を振り返ったマフムード氏は、「再び外国人観光客をここに案内できる日はいつになるだろうね」と、寂しそうでした。



posted by Backbone at 15:14| シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする