2018年03月26日

『今夜くらべてみましたSP』(渡辺直美バブルなドバイ旅)水曜夜9時放送予定

弊社が撮影コーディネートを担当した下記の番組が
3月28日(水)夜9時放送予定です。


◆日本テレビ系列『今夜くらべてみました 徹子&直美が初遭遇SP』
「トリオ THE  日本からハミ出した女」
  &「トリオ THE  江戸川・足立・台東出身の男」
2018年3月28日(水) 21時00分〜22時54分


dubai1705_18.jpg

DubaiFrame_01.jpg


◆公式ホームページより

まずは前半戦!
「トリオ THE  日本からハミ出した女」
徹子と直美が初共演!!
ゲスト1人目は…こんくら初登場!黒柳徹子さん!
幼少期の仰天エピソードから、ニューヨーク留学時代のモテモテ話、アレをしなくなった理由などノンストップでしゃべり倒します!
さらに、人気の写真加工アプリで徹子さんがとんでもない姿に!?
2人目は…女優の浅野ゆう子さん!
“トレンディードラマの女王”として大活躍していた
1980年代のバブリー過ぎるお誕生日会にスタジオ絶叫!
そして、世界的大スターとのデート秘話についても告白します。
3人目は…インスタ女王・渡辺直美さん!
同じくインスタが話題の徹子さんを、アプリを使って撮りまくり!
今回はお金持ちの国・ドバイに初上陸した直美さんに密着!
1泊ウン百万の超高級ホテル・スイートルームでテンションMAX!

続いては後半戦!
「トリオ THE  江戸川・足立・台東出身の男」
亀梨がガチ地元に凱旋!!〜



渡辺直美のバブルなドバイ旅を是非ご覧ください。






posted by Backbone at 23:19| UAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

BS-TBS『世界の窓』今週の放送予定はアゼルバイジャン・ラヒジ村

BS-TBS『世界の窓』先週金曜日の放送は、弊社が撮影コーディネート及びリサーチを担当した『アゼルバイジャン/グバ―曾祖父の意匠―』でした。


グバの窓も、バクーの窓同様、「アイナバンド」が重要なキーワードでした。

「アイナバンド」とは、張り出したバルコニーに窓がつけられて、室内となった空間です。

アゼルバイジャンの住宅建築に面白さを与える重要な要素となっています。

Quba_window_01.jpg
外から見たグバのアイナバンド

Baku_old house_01.jpg
住宅の内側から見たバクーのアイナバンド


今週末のBS-TBS『世界の窓』でも、引き続きアゼルバイジャンの窓が登場します。

◇2018年3月23日(金)よる10:54〜11:00放送予定
#564アゼルバイジャン/ラヒジ「銅細工職人の窓辺」



ラヒジ村は、イスマユル地方にあり、アゼルバイジャンで最も古い集落の一つです。

石造りの古い町並みが残るこの村は古くから手工芸品生産の中心地でした。

近くに銅鉱山があるため、特に銅製品の製造で有名です。

その銅細工の技術は現在まで受け継がれており、2015 年 12 月にはユネスコの無形文化財に登録されています。

銅の工房が集中する銅細工バザール通りは、なんともいえない魅力を醸し出しています。


【公式WEBサイトより】

◇今週の放送予定

#564アゼルバイジャン/ラヒジ「銅細工職人の窓辺」
2018年3月23日(金) よる10:54〜11:00

#564アゼルバイジャン/ラヒジ「銅細工職人の窓辺」 ラヒジ村は銅細工職人の小気味よい音から始まる。窓辺での作業は手元を明るく照らす光が必要なため。彼の自宅に伺うと、南向きの壁一面の窓に驚いた。一日中光が差し込み、温かいその大きな部屋はバルコニーだった。家族が思い思いにそこで過ごし、絨毯織の職人でもある妻は、明るい日差しの下で細かい手作業を行う。職人の技が親から子へ、子から孫へ受け継がれていくように、窓も家も受け継いでほしいと職人は願う。


◇先週の放送内容

#563アゼルバイジャン/グバ「曾祖父の意匠」
2018年3月16日(金) よる10:54〜11:00

グバの中心にある広場に面して、赤レンガの壁に白い大きな出窓が映える一軒家を見つけた。1885年、今の主の曾祖父が建てた。大きな出窓部分の内側はまるで窓の小部屋。アゼルバイジャンではアイナバンドと呼ばれ、首都バクー発祥だ。曾祖父がバクーで見たアイナバンドを気に入り、自分の家にも付けたのだった。さらに外側に人の顔を掘り、人生を表した。それはグバで初めてのアイナバンドのある家だった。

今週の放送もぜひご覧ください。



posted by Backbone at 00:42| アゼルバイジャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

ルワンダの首都キガリ

アフリカの小さな内陸国ルワンダは、人口密度ランキングで、アフリカ第2位の国。

1位のモーリシャスはインド洋に浮かぶ小さな諸島ですので、アフリカ大陸では、ルワンダが一番人口密度の高い国です。


そのルワンダの首都は、国のほぼ中央、標高1500メートルの高地に位置する「キガリ」です。

ルワンダは「千の丘の土地」として知られていますが、キガリの街にも丘があります。

丘が織りなす風景も街並みもなかなかきれいです。

Kigali_hill.jpg

Kigali_00.jpg


東部県の各町に向かうバスターミナルがあるレメラ地区↓。

Kigali_REMERA_01.jpg

Kigali_REMERA_04.jpg

Kigali_REMERA_03.jpg


キガリ市内の人気の交通手段は、バイクタクシーです↓。

Kigali_REMERA_05.jpg


「キミロンコ・マーケット」はルワンダ最大の市場。

Kimironko_01.jpg

Kimironko_11.jpg

Kimironko_12.jpg

Kimironko_09.jpg

活気にあふれています。

Kimironko_05.jpg

Kimironko_02.jpg

Kimironko_13.jpg


新鮮で色鮮やかな果物が並んでいますね。

Kimironko_04.jpg

Kimironko_06.jpg

Kimironko_10.jpg


ルワンダと聞くと、いまだに多くの人が1994年の大虐殺のことを思い出すかもしれません。

キガリで25 万人、全国で 80 万人が殺害された信じがたいほど悲惨な出来事でした。

今では過去の歴史の1ページとなっていますが、「キガリ大量虐殺記念館」で、当時の状況を知ることができます。

資料図書館や墓地もあります。

Kigali_museum_02.jpg

Kigali_museum_01.jpg


現在のルワンダは、治安もよく、人々も穏やかに暮らしていますが、虐殺の記憶を闇に葬ることなく、資料を整理してきちんとした記録を残そうと努力しているそうです。



posted by Backbone at 01:24| ルワンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする