2017年05月18日

テヘラン短信(3)イランの街角から

今回は、イランの街角で見かけたものを少しご紹介します。

日本でもよく見かけますが、イランにも、路上で演奏しているミュージシャンがいました。

日も暮れる頃、帰宅途中の人たちが、男女問わず、足を止めて聴きいっています。

music_01.png


お次は、路上で売られている古い雑誌や新聞です。

magazine_01.jpg

この光景はエジプトでもよく見かけます。

内容を見てみると、エリザベステーラー?
いつの時代のものでしょうか。


こちらも、路上に店開き。

男性用の帽子です。

Tehran_m14.jpg

Tehran_m06.jpg



日用品のお店の品物も路上にまではみ出してきています。

Tehran_m15.jpg



こんなものも見かけました。

庶民の足はバイク。

そのために、バイクドッグが整備されているのには驚きました。

Tehran_m09.jpg



通りのATMです。

イランでは外国人がクレジットカードを使えなくて不便なのですが、ATMはたくさんあります。

ATM_01.jpg



どこの街へ行っても、やはり気になるのは食べ物ですよね。

これは「ファルーデ」というイランの伝統的かき氷です。

紀元前5世紀からあり、現在まで伝統的な製法と人気が受け継がれています。

Tehran_m10.jpg

一見春雨風なのですが、甘いんです。

コチコチに冷やしてある「ファルーデ」は、口に入れると、体温で溶けてしまいます。

味付けは、アーモンドシロップ、桑の実のシロップ、薔薇の花から抽出したエキスなど。

コンビネーションが最高で、おいしいんですよ。

写真のような冷凍庫で冷やされていて、注文すると、かき混ぜ始めます。

Tehran_m13.jpg



イランでは冷たいスイーツが大人気です。

女性たちが食べようとしているのはソフトクリームですね。

Tehran_m12.jpg


アーモンドもよく見かけます。

almond_01.jpg

若いアーモンドの実は、生で食べると最高です。

almond_02.jpg



100%のフレッシュジュース屋さんもあちこちにあります。

Tehran_m01.jpg

オレンジジュースのお値段は7000トマン。

でも、「トマン」って何?

イランの通貨は「リアル」では?

とお思いの方もいるかもしれません。

実は、イラン国内では、まだ旧通貨の「トマン」が多く使われています。

レストランなどの料金表もトマンがほとんどなので、外国人は混乱してしまいます。


1トマンは10リアル。

ですので、7000トマンは70000リヤル。

現在のレートで計算すると、約240円になりますね。



最後は、イランのフライドチキンのお店「テヘランフライドチキン」です。

TFC_01.jpg

KFCならぬTFC。

イランには反米のイメージがありますが、庶民の心はまた別のところにあるのかもしれません。




posted by Backbone at 10:50 | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

テヘラン短信(2)イランで出会った笑顔

前回、イランでは、1年のうちで、今が一番バラの美しい季節だとお伝えしました。

通りで見かけるのはバラの花だけではありません。

街路樹として桑の木が植えられているのですが、4月には実が熟れています。

実を摘んで食べている母娘の笑顔は味に満足そうでした。

iran_m02.png



ゴレスターン宮殿の前の道の中央分離帯でお茶をしている家族を見かけました。

母娘4代と娘婿という組み合わせです。

iran_m04.jpg

面倒見のいいお婿さんは、通りすがりの私にまでお茶をすすめてくれました。

ナッツを贅沢に使ったイランのスイーツの美味しいこと。

紅茶にお砂糖を入れずに飲む私に、家族全員が驚いていました。

iran_m05.jpg



別の場所で出会ったのは、社会見学の子供たちで。

「写真を撮ってもいいですか?と」尋ねると、引率の先生と一緒にみんなが笑顔を向けてくれました。

iran_m09.jpg


フレンドリーなのは、こんな人も。
ウィンクのサービスつきです。

iran_m01.png



古都イスファハーンのイマーム広場で出会ったのは、英語専門学校の女子学生達。

自分たちの英語に磨きをかけるために、時間があればこの広場にやってきて、外国人をつかまえて話をするんだそうです。

下の写真の一番右が外国の人です。

iran_m08.jpg

私も30分つかまりました(笑)!

みんな勉強熱心です。



空港まで送ってくれたタクシーの運転手さんの笑顔もステキでした。

道中、昔話で盛り上がりました。

iran_m03.jpg


イマームホメイニ国際空港に到着。

これでイランの人々の笑顔も見納めかと思いきや、搭乗手続きを待つ列でも、素敵な笑顔に出逢いました。

これから巡礼に出かけるご年配のグループです。

長い人生、この笑顔でさまざまな困難を乗り越えてきたことでしょう。


iran_m07.png


メデイアが描くイランのイメージを一枚も二枚も塗り替えてくれるような人々の笑顔に出会って、イランという土地と人々の魅力をもっともっとお伝えできればなあと思っているところです。




posted by Backbone at 07:03 | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

テヘラン短信(1)女性の笑顔も花もカーテンも!

イランを訪れて一番驚くのは、男性も女性も、老いも若きも、みなさんとてもフレンドリーで、目が合うと必ずニコッと笑ってくれることです。

ニュースなどから厳格なイメージが頭の中に植え付けられているから、なおのことギャップを感じるのかもしれません。

カメラを向けても、いやな顔をせず、屈託なく写真を撮らせてくれますし、女性の洋服の着こなしは思いのほかゆるやかで、いい意味で先入観を裏切られます。

また、若い女性だけではなく、年配の女性までもがキリッと美しくて、彼女たちの笑顔からは、品格のある人懐っこさが感じられます。

Tehran_04.jpg

Tehran_m02.jpg

Tehran_m03.jpg

Tehran_m07.jpg
ここイランでも、スマホで自撮りが流行っています。



花屋に並ぶ花たちも人々の笑顔に負けていません。

街には、花屋さんがたくさんあります。

Tehran_m08.jpg

通りでは、バラ一輪から大きな花束まで、花を抱えて歩いている人にたくさん出会います。

今は、1年のなかでも、バラの花が最も美しい季節なんだそうです。


かわいらしいデザインが好まれるのか、他にも花柄を見つけました。

紅茶好きのイラン人。こんな可愛いポットが売られていました。

tea_01.jpg

寝具店には、こんなインパクトのあるベッドカバーが、、。

bedcover_01.jpg


通りから窓越しに見える住宅のカーテンもにセンスのよいものがそこかしこで見られます。
自分の住まいや生活を大切にしている人たちなんですね。

店においてあるカーテン生地が、エジプトよりもはるかに高級な品揃えでだったことには驚きました。

Tehran_m05.jpg

基本的に、カーテンは、お店で生地を選びんで、オーダーメイドで仕立ててもらいます。



posted by Backbone at 15:38 | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする