2016年11月27日

エチオピアで美しい笑顔をさがせ!

エチオピアは美人の多い国だと言われています。

女優さんやモデルさんはもちろんそうなのですが、街を歩いていても、思わず振り返ってしまうことがあります。

健康的な褐色の肌と黒い髪。
何より、笑顔が最高です!

ethiopiangirl400_5038.jpg

ethiopiangirl400_4426.jpg

ethiopiangirl400_4832.jpg

エチオピアでは、中国製のウィッグが大流行しているんです。

ethiopiangirls400_4831.jpg

彼女たちにとって髪型は重要です。

ethiopiangirl400_4427.jpg

将来が楽しみな小さな美人さんもいますよ。
かわいいですね。

ethiopiangirls400_.jpg

この方も美人だったのでしょうね。
年齢を重ねてこその素敵な笑顔の持ち主でした。

ethiopianwoman400_5016.jpg

学校帰りの学生たち。
スタイルがいいですね。

ethiopia400_5219.jpg

男性もイケメンです。

ethiopia400_4333.jpg

急激な経済発展に伴って生活水準が向上したことも、人々の笑顔に余裕を与えているのかもしれません。




posted by Backbone at 01:30 | TrackBack(0) | エチオピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

経済発展を続けるエチオピア

一昨日放送されたTBS『池上彰のニュース2016総決算!』はご覧になりましたでしょうか?

中国の世界進出の例として、エチオピアでロケをしました。

番組内でもコメントされていたように、エチオピアの近年の経済発展には目を見張るものがあります。

2014年には、エチオピアの経済成長率は10.3%で世界1位を記録しました。

また、2015年には、世界2位となりましたが、引き続き10%を超えていました。

エチオピアの首都はアディス・アババ。
人口は約330万人です。

交通インフラの整備も進んでおり、昨年2015年9月20日には、アディスアベバ・ライトレールが開通しました。

工事は2011年から行われていましたが、その建設に協力したのは「中国鉄路総公司」です。

エチオピア鉄道公社とともに開通後の運営も行っています。

City metro station_4242_400.jpg

City metro station_4243_400.jpg


そんな変貌しつつあるアジスアベバの写真を、他にも少しご紹介します。

ethiopia400_4997.jpg
広大な場所に中国が競技場を建設中

ethiopia400_4146.jpg
競技場の完成予想図は花畑のよう

ethiopia400_4953.jpg
分譲マンションもたくさん建設中です

ethiopia400_5049.jpg
遊び心がある建物もふえました

ethiopia400__5151.jpg
アフリカ連合本部の建物の内部は全てメイド・イン・チャイナ

ethiopia400_5082.jpg
中国・アフリカの友好の絆を示すオブジェです

ethiopia400_4512.jpg
アディスアベバ・ジブチ鉄道の始発駅は広大な農園に隣接しています

ethiopia400_5098.jpg
2013年から全線の電化など大規模修繕工事が行われているジブチ・エチオピア鉄道
2017年春には利用できるよう準備中です


こんなふうに急速なスピードで発展するエチオピアから今後も目を離せないようです。


posted by Backbone at 02:07 | TrackBack(0) | エチオピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

ジョージアワインの産地「カヘティ地方」

昨日、今年のボジョレー・ヌーヴォーが解禁されました。

ちなみに、解禁日は毎年11月の第3木曜日です。


ワインといえば、ボジョレーの国「フランス」を思い浮かべますが、

ワイン発祥の地と言われているのは、実は、ジョージアなんです。

8000年ほど前には、ジョージアでワインが作られていたそうです。


ジョージアでは、現在もワインづくりが盛んです。

その中心は東部のカヘティ地方。

多くのワイナリーがあります。

Georgia400_3182.jpg

Georgia400_01.jpg


この地方で栽培されるぶどうの種類は500以上。

肥沃な土地と温暖な気候の中で栽培された良質なブドウから、芳醇な香りと味わいをもつジョージアワインが作られます。

Georgia400_5475.png
カヘティ地方の広大なブドウ畑

Georgia400_3291.jpg
ブドウの苗

Georgia400_3297.jpg
ワインナリーがあちらこちらに

Georgia400_3311.jpg
テイスティングもできます

Georgia400_3313.jpg
いい香りが漂います

Georgia400_5473.png
カヘティ地方のムクザニ産のワインが現地直売されていました

Georgia400_3307.jpg
ワインナリーの近くでは、伝統的なパン窯でパンを焼くいい香りがしていました


日本でも、徐々に、ジョージアワインの注目度が上がっているようですね。






posted by Backbone at 23:18 | TrackBack(0) | ジョージア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

ドバイワールドカップが開催されるメイダン競馬場

ドバイワールドカップは、日本の競馬ファンも注目する重要なレース。

ほぼ毎年日本馬も挑戦しています。

2011年には「ヴィクトワールピサ」が日本馬として初めて優勝しました。

「ヴィクトワールピサ」の名前は、馬主の市川義美さんと調教師の角居勝彦さんとともにこんなふうに刻まれています。

dubaihorse400_5467.png

他の優勝馬たちの名前もあります。

dubaihorse400_5378.jpg

1998年優勝のアメリカ馬「シルバーチャーム」、
その向こうが、2014年優勝の地元UAEの馬「アフリカンストーリー」ですね。


ドバイワールドカップは、総額賞金1000万ドル、1着賞金600万ドルという世界最高の賞金額でのレースとして知られてきました。

しかし、それを上回る総賞金額のレースが来年2017年の1月28日にアメリカで開催されることが発表されています。

「ペガサスワールドカップ」というレースで、総賞金額総額は1200万ドル(約12億円)、レースへの出走料は100万ドル(約1億円)だそうです。


ドバイワールドカップが行われる「メイダン競馬場」は2010年1月に開場した新しい競馬場。

dubaihorse400_5366.jpg
メイダン競馬場のファサード

dubaihorse400_5449.jpg
チケット売り場

dubaihorse400_5377.jpg
内部には宇宙ステーションのような空間が

dubaihorse400_5393.jpg
レースコースです


競馬場のほかにホテルやショッピングモール、映画館などが併設されており、「マイダン・シティ」という複合商業施設となっています。

dubaihorse400_02.jpg
レース場に隣接したホテル


dubaihourse400_539.jpg
遠くに、ドバイの超高層ビルが見えます


競馬場内部の他の写真もいくつかご紹介します。

dubaihorse400_5441.jpg
王族用貴賓席

dubaihorse400_5436.jpg
勝利者は中央に見える台の上に立つことができます

dubaihorse400_5462.jpg
植木の刈り込みも「馬」

dubaihorse400_01.jpg
ジョッキールームを見学しました

dubaihorse400_5431.jpg
ジョッキー待合室の壁一面にはVICTORYの文字が

dubaihorse400_5300.jpg
シェイク・ハムダン・ビン・ラシード・アル=マクトゥーム王子所有の馬です

dubaihorse400_5314.jpg
シェイクの馬に蹄鉄を打ち込んでいます

dubaihorse400_5236.jpg
朝焼けのレースコースです

dubaihorse400_03.jpg
朝の練習風景

dubaihorse400_5358.jpg
馬専用のプール

dubaihorse400_5464.png
毎年3月に開催されるドバイワールドカップ用の馬房


今から来年3月のレースが楽しみになりました。



posted by Backbone at 14:51 | TrackBack(0) | UAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする