2016年08月25日

ジョージアのワインとチーズパン

前回ご紹介したアゼルバイジャンのお隣には「ジョージア」という国があります。

聞き慣れない国名ですね。

昨年春まで「グルジア」と呼ばれていました。

※日本国政府は、平成27年4月22日以降、国名呼称を「グルジア」から「ジョージア」へと変更。


グルジアと聞いて思い浮かぶのが「ニコ・ピロスマニ」です。

グルジア(ジョージア)を代表する画家で、彼の半生は、1969年に映画にもなりました。

その映画「放浪の画家ピロスマニ」は、昨年、日本で、37年ぶりに再上映されたようです。



ジョージアは『ワイン発祥の地』として有名です。

発掘された古代のワイン容器やワイン樽などから、約8000年前の石器時代には、この地でワインが製造されていたと考えられています。

現在も、ジョージアでは、アンフォラという陶器の大きな壺を地下に埋めて自然発酵させるという伝統的なやり方でワインを作っています。

その「クヴェヴリ」という製造法は、2013年ユネスコの無形文化遺産に登録されました。

大きなワイナリー製造のワインだけではなく、自家製ワインも一般的で、街なかでもぶどうの木を見かけます。

また、ジョージアの温暖な気候は他のフルーツ栽培にも適しているようです。

Tbilisi_fruirts_400.jpg


おいしいワインの飲めるすてきなワインバーもたくさんあります。

wine bar_2813_400.jpg

ご一緒に新鮮なマッシュルームにチーズ地元のチーズを乗せ焼いたシンプルな一品はいかがでしょうか。

food_2823_400.jpg



ジョージアは豊かな食文化を持つ国。

他にも食指の動く食べ物がいろいろあります。

そのひとつが、これ。

ジョージア風チーズパン「ハチャプリ」。出来上がりホカホカです。

Tbilisi_bread2642_400.jpg


職人さんは、昔ながらのパン釜で、汗だくになってパンを焼いていました。

お疲れ様です。

Tbilisi_bread_2641_400.jpg

Tbilisi_bread01_400.jpg




それにしても、写真を見ながら、思い出して、また食べたくなってきました。



posted by Backbone at 08:47 | TrackBack(0) | ジョージア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

アゼルバイジャンの古都「シェキ」

アゼルバイジャンの北西に位置する「シェキ」は、大コーカサス山脈の南麓にあり、山と森に囲まれた美しい古都です。

春には、美しい薔薇が咲き乱れます。

Sheki2411_400.jpg


シャキの町の起源は古く、青銅器時代まで遡りますが、その後の時代にも、政治・経済において重要な町でした。

また、ヨーロッパとアジアを行き来する隊商の中継地でもありました。

シェキには18世紀から19世紀にかけて利用されていたこの地方最大のキャラバンサライが残っています。

現在はホテルとして使用されていますが、大変趣のある空間となっています。

Sheki2429_400.jpg


18〜19世紀にかけてこの地を支配したシェキ・ハーンの夏の離宮も残っています。

釘を1本も使わない美しい木組み構造で、窓にはイタリアのヴェネティアから取り寄せたガラスが使用されています。

技術を駆使した美しい2階建ての建物で、内部のフレスコ画や装飾も見応えがあります。

Sheki2416_400.jpg


この建物には、現在おしゃれなブティックが入っていますが、昔は市場だったそうです。

boutique2433_400.jpg


シェキは、上質な絹の生産地でもあり、今も街に絹の工房があります。

また、付近で栽培されたブドウから作る有名なワイナリーもあります。

Sheki2418_400.jpg



シェキから、アゼルバイジャン第2の都市「ガンジャ」までは、バスで3時間です。

Sheki2445_400.jpg


もちろん、アラブやアフリカでおなじみのミニバスもありますよ。

アラブやアフリカと同じで、満員になると出発するシステムです。

minibus_400.jpg



posted by Backbone at 17:41 | TrackBack(0) | アゼルバイジャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

リオオリンピック便り

リオオリンピックも残すところ3日となりました。

日本国内も、連日の日本選手の活躍に盛り上がっていることでしょう。

弊社からも、2人のコーディネーターがリオ入りしており、リオから日本へ、新鮮でインパクトのあるニュース映像をお届けすべく、奔走しています。


今日は、そんなリオから、競技とは直接関係ない写真を少しご紹介しますね。

まずご紹介したいのは、これです!

rio_volunteer_jpg400.jpg

オリンピックを支えるボランティアたちの姿です。
彼らの笑顔が毎日私たちに元気をくれます。


今回のリオオリンピックは、開幕前からいろいろ問題が浮き彫りになっていましたね。
たとえば、これ↓

rio_footbridge400.jpg

オリンピックパークへアクセスできる歩道橋です。
未完成のままオリンピックは開幕しましたが、結局、未完成のままで終わりそうです。

でも、こんなことは、選手たちが届けてくれる感動に比べたらちっぽけなことかもしれませんね。


今、リオの町で買い物をするとき、ちょっとした楽しみがあります。
1レアル硬貨の裏側を確認することです。

通常の1レアル硬貨に混じって、各競技の図柄が刻まれたオリンピック記念の1レアル硬貨が流通しており、それをおつりにもらえることがあるのです。

たとえば、これはサッカーの図柄です。

rio_coin3907_400.jpg

図柄は全部で16種類発行されているそうですが、コンプリートするのは至難の業です。
先は遠そう。



最後の写真は、オリンピックの公式スポンサーのマクドナルドです。

rio_mac400.jpg


「Sobremesas」と書いてありますね。
「デザート」という意味です。

そう、このマクドナルドで販売されているのは、デザートだけなんです。
ハンバーガーが販売されていないのです。

ハンバーガーが買えないマクドナルド


リオオリンピックも残り3日、私たちも頑張ります。

そして、日本選手及び各国の選手の活躍を祈っています!!


posted by Backbone at 12:00 | TrackBack(0) | スポーツイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする