2015年12月29日

TBS『全世界極限サバイバル2016』1月2日放送予定

弊社が撮影コーディネート及びリサーチを担当したTBSの番組が
年明け早々の1月2日に放送予定です。

『全世界極限サバイバル2016』 
2016年1月2日(土) 午後6時00分〜10時00分 TBS


是非ご覧ください!


※公式WEBサイトより

世界中の過酷な環境を乗り越え、
100時間以内にゴールにたどり着くことができるのか!?
これまで2回放送してきた「全世界極限サバイバル」
水分確保、食糧調達、シェルターの建設など、サバイバルテクニックを駆使して、
100時間生き延びることに挑戦してきたが
第3弾の今回は、ルールを変更し、さらにパワーアップ!
ただ生き延びるだけではなく、100時間以内にゴールを目指す!
さらに2つのチェックポイントを設定。
30時間、60時間という制限時間内に
通過できなければ即リタイアという厳しいルールの中、
各界の肉体派自慢のサバイバーたちは、
100時間以内にゴールにたどり着くことができるのか?
そして、過酷な自然環境を乗り越えた者しか見ることができない絶景を
目の当たりにできるのか?
2016年新春から、大きな興奮をお届けする!!

武井壮VS超過酷洞窟地帯
西川貴教(T.M.Revolution)VS極寒の氷河地帯
増田貴久(NEWS)VS弱肉強食のサバンナ地帯
佐野岳VS火山&無人島 インドネシア編


posted by Backbone at 12:21 | TrackBack(0) | タンザニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

ツタンカーメンの「黄金のマスク」修復完了

ツタンカーメン王の「黄金のマスク」が、
あごひげの修復を終えて、
カイロのエジプト考古学博物館戻ってきました。

今月17日から再び一般公開されています。

昨年8月に外れたあごひげは接着剤で応急処置されていたのですが、
今年の10月からドイツとエジプトの合同チームによって本格的な修復が行われました。

先日、早速エジプト考古学博物館に行ってきましたので、ご紹介しますね。

Tutankhamun_01.jpg
戻ってきた黄金のマスク

Tutankhamun_04.jpg
あごひげのアップです↑

Tutankhamun_02.jpg
後ろ姿はこうです↑

Tutankhamun_05.jpg
マスク修復中は3Dスキャンで作られた模型で埋め合わせされていました。

ツタンカーメンの王墓からは、黄金のマスクの他、2000点以上が発見されました。

例えば、少年王らしいこんなものも……。

これは「チェス」です↓
Tutankhamun_08.jpg

これは「小鳥のおもちゃ」↓
Tutankhamun_07.jpg

これは「象牙製の猿のおもちゃ」です↓。
Tutankhamun_06.jpg


日本では、今、古代エジプト関係の展覧会がふたつ開かれていますね。

「クレオパトラとエジプトの王妃展」は、
東京に引き続き、現在、大阪の国立国際美術館で開催されています。
今日27日が最終日です。

もうひとつ、
「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展(TBSテレビ60周年特別企画)」は、
来年1月3日まで東京の森アーツセンターギャラリーで開催されています。

その後、愛媛県美術館、仙台市博物館他、全国巡回予定のようですね。

お近くで開かれる際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。
 
posted by Backbone at 11:50 | TrackBack(0) | エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

夏に訪れたジブチ

今年は夏にジブチに行く機会に恵まれました。

首都のジブチはとにかく暑い場所でしたが、そこにある風景は派手さもなく、素朴そのもの。

昼間はサウナ同様に汗が吹き出し、洗濯とシャワーが必須です。
日本の盆地の夏を湿度も気温もワンランク上げたような感じです。

あまりにも暑いため、地元の人も昼間はほとんど外出していませんが、
夕方になると、市場を中心に人出が戻ってきます。

Djibouti_01.jpg


市場では、ジブチと日本の国旗の刺繍入りポロシャツも売られていました。
言い値は60US$ほど。

Djibouti_02.jpg


ジブチでもやはりサッカーが人気スポーツ。

暑さが和らぐ夕方以降に行われていた草サッカーの試合には、沢山の観客が集まっていました。

Djibouti_03_400.jpg


街中では、ジブチ国旗の青・緑・白色を基調とした壁画がいたる所に見られました。

Unite(調和)、Egalite(平等)、Paix(平和)がジブチのモットーなのだそうです。

Djibouti_kokki1_200.png
↑ジブチの国旗

Djibouti_04_400.jpg

Djibouti_05_400.jpg


ジブチでも、日本のアニメが毎日のように放送されていました。
Djibouti_06.jpg

次回に続く……

posted by Backbone at 09:39 | TrackBack(0) | ジブチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

クウェートのモールとマーケット

クウェートは、ペルシア湾の最奥部に面するアラブの小さな国です。

イラク、サウジアラビアという二つの大国とペルシャ湾に囲まれており、面積は日本の四国と同じくらい。
平たんな砂漠が続いています。

そんな小さな国ですが、豊かな石油資源のおかげで、経済的には豊かで、社会保障や教育も高いレベルにあります。

2014年の統計では、原油確認埋蔵量では世界第7位、日本の原油輸入元の国としては第5位となっています。

ドバイやアブダビのあるUAEがリッチな国として紹介されることが多いのですが、確認原油埋蔵量でいえばクウェートはUAEよりも上です。

では、クウェートの街ってどのような感じなのでしょうか?

まずは、クウェート市内のショッピングモール。

クウェートにはモールがたくさんありますが、その中で一番規模の大きいのが「ジ・アベニューズ」です。
高級ブランド品店がたくさんはいっています。

kuwait_28_400.jpg

Kuwait51_400.jpg

kuwait_16_400.jpg
 
↑このバラは、すべて生花です。
いったい何千本あるのでしょう。
3日に一度新しいバラに取り換えているんだそうです。
どんな装飾よりも贅沢な気がしますね。


「ジ・アベニューズ」には、ドバイにもある「ハロー・キティ・ビューティ・スパ(Hello Kitty Beauty Spa)」の店舗もあります。

クウェートでもキティちゃんは大人気。

この「キティちゃんカフェ」↓は、若い地元の女性や親子連れでにぎわっています。
キティちゃん型のケーキが人気だとか。

kuwait_21_400.jpg

kuwait_22_400.jpg


クウェートで一番高いビル「ハムラタワー」の中にもモールがあります。

ハムラモールのメインエントランス前には「アイラブクウェート」のオブジェが……。

kuwait_14_400.jpg

ハムラタワーは、1階から3階がショッピングモール、

kuwait_13_400.jpg

4階から上が、オフィスと住居になっています。

kuwait_12_400.jpg 


もちろん、こうした近代的なモールだけでなく、伝統的なスークもあります。

「フライデーマーケット」↓にはありとあらゆるものが売られています。
ガラクタのように見えるツボ、壊れていそうな電化製品、何でもありですね。

kuwait_04_400.jpg

kuwait_03_400.jpg


絨毯も売られています。
クウェートの家はとても大きいので、絨毯も日本とはサイズ感が違いますね。

kuwait_02_400.jpg

そうそう、この羊たち↓も売り物ですよ。

kuwait_01_400.jpg

posted by Backbone at 16:00 | TrackBack(0) | クウェート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする