2015年04月28日

ドバイで見つけた「春」 byドバイ在住スタッフ

ドバイはこれから夏のシーズンに突入します

ドバイには日本のような明確な四季はありません

でも
日本人としては
4月になると
砂の国ドバイにいても
ついつい「春らしさ」を探してしまいます

それで見つけたものはこんなものです

お店のベッド
春らしい色合いですね

Dubai_a01_400.jpg

Dubai_a02_400.jpg

クッションカバーを花柄に替えると
夏の到来を少し延期できるでしょうか

Dubai_a6_400.jpg


ついでに洋服も花柄で

Dubai_a03_400.jpg

こんな色のスーツケースをもって春の旅に

Dubai_a5_400.jpg

輸入の花をアレンジしたブーケです

Dubai_a10_400.jpg

ちなみにこの↓ブーケのお値段は3万円強

Dubai_a7_400.jpg

キャンディーショップも花盛りです

Dubai_a04_400.jpg

チョコレート菓子のディスプレイもお花畑のイメージでしょうか
 
Dubai_a11_400.jpg

バースデーケーキも草原に咲く花

Dubai_a8_400.jpg

それから
ヨックモックの桜の木
なんだか日本のことを思い出してしまいます

Dubai_a9_400.jpg


posted by Backbone at 12:06 | TrackBack(0) | UAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

エチオピア南部の部族(2)ドルゼ族 from アルバミンチ

エチオピアのアルバミンチから、今日は、ドルゼ族をご紹介します。

ドルゼ族の集落ヘ向かう道中、木を担いで峠を徒歩で上り下りする女性をたくさん見かけました。

southethiopia_roadtoDorzevillage_400.jpg

southethiopia_roadDorze3_400.jpg


エチオピアでは、どの部族も、女性たちが大活躍しています!

「ドルゼ」とはもともと「織り人」の意味だそうです。
現在もドルゼ族にとって手織り物は主要な産業です。

糸を紡ぐのも女性の仕事。
綿花から糸を紡ぐ作業を見せてもらいました。

southethiopia_dorze_cotton3_400.jpg


主食の「コチョ」を作る工程を見せてもらいました。

エンテーセの葉の茎部分から作るのですが、作り方は次の通りです。

1.エンセーテの茎の中にあるものを、棒で削ります。

southethiopia07_400.jpg

2.とれたものは、繊維質でドロドロ。
こんな感じです。

southethiopia08_400.jpg

3.それをエンセーテの皮に包んで、2〜3ヶ月寝かせて発酵させます。

southethiopia10_400.jpg


4.発酵が終わった生地は、適量づつ切り取りとって、水を加えながら捏ねて、薄く延ばします。

southethiopia09_400.jpg

southethiopia_dorze_bread5.jpg

5.それをエンテーセの葉に包みじっくり両面を焼けば、できあがり。
モチモチした食感のコチョは、蜂蜜と辛いソースでいただきます。

southethiopia_dorze_bread6.jpg

次回に続きます。


posted by Backbone at 12:49 | TrackBack(0) | エチオピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

エチオピア南部の部族(1)ハマル族 from アルバミンチ

エチオピア南部には、さまざまな部族が暮らしています。

ムルシ族、スルマ族、コエグ族、ボディ族、ニャンガトム族、トゥルカナ族、ハマル族、バンナ族、カロ族、ドルゼ族、ディジ族、ダサネッチ族、コンソ族、アルボレ族、などなど。

今日は、その中のひとつ、ハマル族をご紹介しますね。

southethiopia14_400.jpg

ハマル族は、主に、エチオピアの南部にあるオモ川の東側で暮らしています。
「ハマル族」といえば「ウシ」というほど、彼らにとってウシはとても大切なものです。
男子の成人儀礼「ウシ飛び」は、数十頭並べられた牛の背を渡りきることが出来れば一人前の男性として認められるという儀式です。

女性たちは、赤土と山羊のバターなどから作った褐色の液体を身体と髪に塗り込み、ビーズや貝殻でで作ったアクセサリーを身につけ、動物の皮で作った衣装をまとっています。
その姿は美しき戦士のようです。
枯れ川の底を掘って水を汲んだり、薪を拾ったりする仕事は、ここでは女性の仕事なのです。

southethiopia15_400.jpg

southethiopia16_400.jpg

southethiopia17_400.jpg

southethiopia18_400.jpg





posted by Backbone at 17:58 | TrackBack(0) | エチオピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

オマーンの砂漠で撮影した『全世界極限サバイバル 』の放送予定

4月7日夜7時から、弊社が撮影コーディネートを担当した番組が放送されます。


『全世界極限サバイバル第2弾 』
ジャングル・無人島・灼熱砂漠・極寒地帯で100時間生き残れるか!?
2015年4月7日(火) 19時00分〜22時48分 TBS


OmanPC060673.jpg

OmanPC050609.jpg

OmanPC060648.jpg

<公式サイトより>
大反響を呼んだ番組が帰ってくる!
上田竜也(KAT-TUN)、菅谷哲也、武井壮、ワッキー(ペナルティ)が命を懸けて過酷地帯に挑む!!
昨年7月に放送し、大反響を呼んだ『全世界極限サバイバル』の第2弾をお送りする。
第1弾では、4人の挑戦者が水分確保・食料調達・危険生物の回避・シェルターの建設などといったサバイバルテクニックを駆使し、見事100時間生き延びることに成功した! 普段出演しているテレビ番組では見られない真剣な表情や追い込まれる姿が視聴者にインパクトを与え、高視聴率を記録した。
第2弾となる今回は、上田竜也(KAT-TUN)、菅谷哲也、武井壮、ワッキー(ペナルティ)が、前回よりもさらに過酷な環境に挑む。サバイバルテクニックもふんだんに紹介して、大きな興奮をお届けする!!
はたして挑戦者たちは世界中の過酷な環境の中、最低限の装備だけで100時間生き延びることができるのか!?


ぜひご覧ください。

posted by Backbone at 00:19 | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする